So-net無料ブログ作成
借金相談はおしんちゃんの部屋へ
全開ガール 第1話 あらすじ ブログトップ

全開ガール 第1話 あらすじ [全開ガール 第1話 あらすじ]

全開ガール 第1話 あらすじ

全開ガールの第1話が、7月11日放送開始ですね。
今週も新しいドラマが目白押しです^^

【21%OFF】[CD] 星井七瀬 vs the na...

【21%OFF】[CD] 星井七瀬 vs the na...
価格:2,416円(税込、送料別)



その第1話のあらすじですが
すっごい夢を持っているんですね。新垣結衣演じる鮎川若菜。
ビックリしました。新人弁護士で年収100億円の国際弁護士が夢だそうです。

でも、実際の国際弁護士ってどれくらい稼いでいるのでしょうね?
最高でも数億だと思うのですが、実情はどうなんでしょう?

で、その夢を持ってある外資系の弁護士事務所に採用されたが、日本からの撤退をすると突然表明したことにより、以前内定をもらっていた弁護士事務所に連絡を取る。
なんとか、薬師丸ひろ子(懐かしい)演じる桜川昇子の弁護士事務所に採用してもらえた。

出社初日、昇子がクライアントを紹介してくれることになったが、なんとそのクライアントと言うのが、昇子の娘、日向(谷 花音)だった(^_^;
まあ日向のお世話係ですね。

また、この日向が一癖も二癖もある子供のようで、若菜で世話係を任せられたのはこれで26人目。
若菜は、子供が嫌いだった。それを日向にそのまま伝える。そして自分が引き受けたことは必ずやり遂げる。そう宣言した。またそれを受けて日向が自分で出来ることは自分ですると約束をする。

そして、日向の保育園へ行くが、その途中で前日、若葉が山田草太(錦戸亮)を見つける。昨日草太の事をチカンだと勘違いしたのだ。で、その草太には、ビー太郎(高木星来)という子どもがいて、このビー太郎は日向と同じ保育園に通うお友だちだった。

そのまま保育園へ行くと、園長の花村仁(竹内力)と娘のうらら(皆藤愛子)が4人を迎えた。
なぜ園長が子供たちを出迎えているのかを草太が説明してくれた。
その理由は、ちょっとよくわからないが、保護者のチェックをしているらしい。

でも、そのことを聞いた聞いた若葉は、前日の痴漢だと勘違いした件もあり、チェックをするなら性犯罪者名簿との照合をすべきと花村に言い放ってしまう。

それを見て慌てた草太が間に入ろうとすると、若菜は今度は草太を攻撃する。
そこでうららがこの草太は、今流行のイクメンのお手本のような人だと褒めるが、若葉は、イクメンなんていう生産性のない男があふれたら、日本の経済はダメになる、自分はイクメンなんかに興味も関心も無いと酷い言葉を放ちその場を立ち去った。

なんだか、これだけを聞くと、この若菜って相当気が強くて男性を憎んでいるような、そんな感じを受けますね。
まあ、弁護士になるくらいですから相当正義感は強いのだと思いますが・・・。

それにしても、あの竹内力が保育園の園長とは、なんか楽しみです。

全開ガールの公式サイトができあがっています。

全開ガール公式サイトはこちら



全開ガール 第1話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。